噛むことの大切さ

皆さま、こんにちは!

涼しくなってきて、食欲の秋ですね♪

ゆっくりお食事をされていますか?

忙しいから早く食べないといけないと言う方も多いかと思いますが、食べ物を食べるスピード、噛む回数は健康にはとても関わりが深いのです(^^)

まず、噛む回数は一口30回程度が目安です。

噛むことで得られる効果☆

・ダイエットのサポート

噛む回数を増やすと唾液も出て来やすく、満腹中枢に指令が行き渡り、食べ過ぎを防止します。

・美肌

唾液に若返りホルモンの成分も含まれるので、美肌効果も期待出来ます!

・便通が緩やかに

胃腸に入る食べ物が小さくなると、消化時間が短縮されスムーズに排泄しやすくなります。負担も軽減されて、身体が疲れにくくなります。

・小顔効果

お顔の筋肉の70%が口周りにあり、噛むことで血行も良くなり、たるみ予防、むくみの改善につながりやすい!

・リラックス効果

物を良く噛むと、リラックスする時に出るセロトニンというホルモンも分泌され、体の緊張がやわらぎ、ストレス解消にも。

ただし、やり過ぎには注意!

噛みすぎてしまうと顎が疲れて、それ以上頑張って噛み続けると顎の筋肉が発達してしまい、頬の筋肉も硬くなります。

食事の時に、噛み癖などで片側だけで食べてしまうことは歪みにもつながりますので注意しましょう!

噛むことを意識してみると、今まで噛めていなかったことに気づかれると思います。

習慣を変えるのはとても根気が必要です。

まずはいつもよりもプラス10回、ひと口ふた口から焦らず始めてみて下さい(*^^*)

また、硬いものを選んだり、具材を大きく切るなど工夫をされると自然と噛む回数も増えていきますよ♪