月経症候群(PMS)とは?

みなさま、こんにちは!

毎月ある月経について。

女性の身体には必要ですが、負担がかかり悩みの一つでもある方も多いのではないでしょうか?

PMSはご存知ですか??

生理の前になると理由もなくイライラしたり落ち込んだり体がだるく感じる女性は多いです。

生理が始まる1週間前から症状が現れる人が多いのですが、2週間前から症状が現れる人、2、3日前に集中する人など個人差がありますが、

これは月経前症候群(PMS)といいます。

多くの場合、生理が始まると症状が軽くなり消失するのが特徴です。

月経前症候群(PMS)のおもな症状は、下腹部の痛みや膨満感、眠気、便秘や下痢、乳房の痛み、肌トラブル、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、イライラや情緒不安定、憂うつ感、注意力の低下など。

体のケアはできそうでも、イライラや思い悩むことのケアは難しいと思っていませんか?

PMSによる不調は鍼灸治療によって軽くしていくことも可能です!

自分の体質を理解した上で、ケアをすることでいつものわずらわしさもになっていきますよ(^^)

忙しくて疲れやストレスがたまりやすいやすい人は、心身を整えるためにまずは食事生活習慣見直しも大切です。

お家でもケアできるPMSに効果的な女性ホルモンのツボをご紹介します!

・三陰交

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところ。女性特有の症状に。生理痛、足の冷え、むくみなど。

・太谿

内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ。こちらも下半身の冷えになど。

 

上記のツボをマッサージするように押して下さい。薬局などにあるお灸をするのもおススメです(^^)

ご体調に不安を抱えている方は、お気軽にご相談くださいませ!